防災製品落石防護工

ハイジュールネット(高エネルギー吸収型落石防止柵)

ハイジュールネットは、
1. 支柱間隔5m~10mで、所定の落石エネルギーの吸収が可能であること。
2. 支柱柵高3m~7mで、所定の落石エネルギーの吸収が可能であること。
3. ネットの部分補修が可能であり、かつその部分補修により所定の機能が回復できること。

以上3点を開発目標に掲げ開発された高エネルギー吸収型落石防止柵工法で、250kJ~3000kJまでの落石エネルギーが吸収可能です。その技術は日本のみならず世界各国で広く使用されています。

建設技術審査証明:建設機械施工技術(建審証第0801号)
旧NETIS登録番号:QS-080010-V 「平成30年度評価促進技術」

製品特長

落石エネルギーに応じたタイプが選べます

従来の待ち受け型落石防止柵が有している吸収エネルギーは最大で100kJ前後で、それ以上大きなエネルギーに対しては落石防護擁壁(コンクリート連続擁壁)で対応していましたが、ハイジュールネットは落石防止柵での下記吸収エネルギーを有しています。

吸収エネルギー
(kJ)
型式
有効柵高
ネットの寸法
250 HJN-250 3.0m~4.0m 300×300×(9/10)
500 HJN-500 3.0m~5.0m 200×200×(9/10)
1000 HJN-1000 3.0m~6.0m 200×200×(9/10)
1500 HJN-1500 3.0m~6.0m 150×150×(9/10)
2000 HJN-2000 4.0m~7.0m 140×140×(10/12)
3000 HJN-3000 4.0m~7.0m 140×140×(10/12)

 

※3000kJとは、9.6tの重錘を32.0m上方から自然落下させた時に発生するエネルギーです。
(9.6×32.0×9.8=3011kJ → 丸めて3000kJ)

強靭なケーブルネットを使用

1本のワイヤロープを特殊な手順で格子状に形成し、ワイヤロープの交点をクリップ金具で、しっかりと締結したケーブルネットを使用しています。

ブレーキエレメントが落石エネルギーを吸収

ブレーキエレメント(緩衝装置)が、大きな落石エネルギーをしっかりと吸収します。
250kJ~3000kJまで、スイスのWSL(スイス連邦 森林・降雪・植栽研究所 自然災害部)の元で行われる実証試験で認証されています。

維持・補修が容易

一度落石を受けても、現地にて簡易な補修で機能を回復いたします。
不具合のネットを全面取り替えには及びません。

優れた支柱構造

支柱の固定部は、ピン構造となっており、支柱に直接落石が衝突してもピンボルトがせん断し、システムを維持する柔構造になっています。

自然に優しい工法

斜面上では、大がかりな基礎を必要としません。樹木の伐採も最小限にとどめ、現状を変えることなく設置することが出来、周辺環境と同化します。

地形に合わせた柵高・支柱間隔

日本国内の地形にあった仕様で、落石条件に応じた柵高、支柱間隔を選ぶことが出来ます。

地盤に合わせたアンカーを選択可能

地盤の状況に応じ、アンカー材を選択致します。
アンカー材は実験データを基にして、計算により定着長を定めます。

エネルギー吸収システム

大規模な落石エネルギーについて、特殊なブレーキエレメントを緩衝装置としてアンカーとケーブル間、またはケーブル間同士に配置し、その落石を柔軟性に富んだ構造で包み込むようにしてエネルギーを吸収します。

実験画像

3.2tの重錘を32mの高さから落下させ、捕捉することを確認しました。

構造(システム)・その他事例紹介

構造(システム)

その他事例紹介

積雪対応…積雪地域にも対応可能です。

支柱自立型…HJN250タイプは直立式もあります。

関連リンク

ハイジュールネット工法の普及と、施工技術の向上を図ることにより、品質の確保と落石による災害から財産や社会資本を守り、環境に配慮した工事の実現に寄与することを目的とした会です。
(カタログのダウンロードは研究会サイトからできます。)

ガードフェンス
景観に配慮した防護柵 車両用防護柵 開口部用防護柵 ツインガードフェンス 横断・転落防止柵 ぎぼくフェンス 眩光防止網 張出歩道 その他取扱商品
防災製品
落石防護工 落石予防工 地山補強土工法 受圧板 関連製品
防音製品
防音製品 関連製品
高欄(橋梁関連製品)
景観に配慮した橋梁用防護柵 景観に配慮した手摺柵 標準製品 関連製品
海洋製品
魚礁・増殖礁 藻場礁 その他
タイロッド
タイロッド
スチールファイバー(コンクリート補強用繊維)
スチールファイバー
滑り止め鋼板
滑り止め鋼板

TOPへ