神鋼建材工業株式会社

サイトマップ
ENGLISH
お問い合わせ
KOBELCO 神戸製鋼グループ

防災製品:落石防護工

ハイジュールネット(高エネルギー吸収型落石防止柵)

ハイジュールネット(高エネルギー吸収型落石防止柵)
NETIS登録番号 QS-080010-V

ハイジュールネットは、

  1. 1. 支柱間隔5mにおいて、所定の落石エネルギーの吸収が可能であること。
  2. 2. 国内の基準に準拠した有効柵高で、所定の落石エネルギーの吸収が可能であること。
  3. 3. ネットの部分補修が可能であり、かつその部分補修により所定の機能が回復できること。

以上3点を開発目標に掲げ開発された高エネルギー吸収型落石防止柵工法で、その技術は日本のみならず世界各国で広く使用されています。

特 長

 落石エネルギーに応じたタイプが選べます

従来の待ち受け型落石防止柵が有している吸収エネルギーは最大で100kJ前後で、それ以上大きなエネルギーに対しては落石防護擁壁(コンクリート連続擁壁)で対応していましたが、ハイジュールネットは落石防止柵での下記吸収エネルギーを有しています。

吸収エネルギー
(kJ)
型式 有効棚高
(H)
ネットの寸法
250 HJN-250 3.0m~4.0m 300×300×(9/10)
500 HJN-500 3.0m~5.0m 200×200×(9/10)
1000 HJN-1000 3.0m~6.0m 200×200×(9/10)
1500 HJN-1500 3.0m~6.0m 150×150×(9/10)
2000 HJN-2000 4.0m~7.0m 140×140×(10/12)
3000 HJN-3000 4.0m~7.0m 140×140×(10/12)

 ※3000kJとは、9.6tの重錘を32.0m上方から自然落下させた時に発生するエネルギーです。
 (9.6×32.0×9.8=3011J → 丸めて3000kJ)

例)防止柵の可能吸収エネルギー1000kJの場合

防止柵の可能吸収エネルギー1000kJの場合

エネルギー吸収システム

大規模な落石エネルギーについて、特殊なブレーキエレメントを緩衝装置としてアンカーとケーブル間、またはケーブル間同士に配置し、その落石を柔軟性に富んだ構造で包み込むようにしてエネルギーを吸収します。

エネルギー吸収システム

上記エネルギー吸収システムの図を拡大する

施工例

カタログのダウンロードはこちらより
thumb_slope

防災製品 カタログ

PDFダウンロード(24.4 MB)

この製品についてのご質問等お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら