神鋼建材工業株式会社

サイトマップ
ENGLISH
お問い合わせ
KOBELCO 神戸製鋼グループ

ガードフェンス:景観に配慮した防護柵

TMS型防護柵

TMS型防護柵
NETIS登録番号 TH-010015-V

1996年、旧建設省東北地方建設局の発案で、安全性を中心とした従来の車両用防護柵に代えて、景観も配慮した車両用防護柵を提案する為に、『道路付属物のデザイン検討委員会』が発足されました。
翌1997年に(株)エムアンドエムデザイン事務所代表・大野美代子氏による基本デザインに基づく新車両用防護柵のデザインコンペが開催され、23社35案の応募があり、審査の結果、基本デザインに最も忠実で技術内容がしっかりしていることから、神鋼建材工業が選ばれました。
その後、委員会の開催や実車衝突実験などを経て1998年にB種2・3段を製品化しました。
その後にC種2・3段、A種3段と開発、製品化しています。
「透過性」と「親和性」をコンセプトに置いたTMS型防護柵はこれまで多くの事業にご採用いただいています。
2011年には中央分離帯用Am種、2012年には路側用A種2段も製品化し、ラインナップに追加。
あらゆるニーズに対応して参ります。

特 長

新製品ラインナップ

実車衝突実験により性能確認されています

TMSの種別

TMS型ガードパイプB種は、大野美代子氏の基本デザインに基づき、国土交通省東北地方整備局、神鋼建材工業株式会社が共同開発したものです。A種、C種はこれをもとに神鋼建材が独自に開発した製品です。

施工例 TMSシリーズ紹介

TMS型防護柵の基本デザインをもとに、幅広く道路用防護柵をカバーできる製品の開発を行いました。
また、付属品の充実にも注力いたしました。

車両用防護柵 歩車道境界用

車両用防護柵 中央分離帯タイプ(Am種)

車両用防護柵 ツインタイプ

歩行者・自転車用柵

橋梁用

※詳しくは高欄製品の《TMSシリーズ(橋梁用)》をご高覧ください。

付属パーツ

TMS型ガードパイプは、様々な設置環境に対応し、また道路利用者の安全を確保できるよう、各種付属パーツもご用意しています。

視線誘導反射体《ひかる》

視線誘導反射体《ひかる》
「ひかる」を取り付けた
状態の支柱頭部
「ひかる」はTMS型ガードパイプ専用の視線誘導反射体です。
ガードパイプ施工時に取り付ける保護リングの形態となっており、汚れやキズがつきにくくなっています。
支柱にフィットするため、TMS型ガードパイプの美しいフォルムを生かしながら、夜間の視認性を高め、安全な道路環境づくりに貢献します。 

視線誘導反射体《TMS用デリネーター》

視線誘導反射体《TMS用デリネーター
TMS型ガードパイプ専用のデリネーターもご用意しています。
取付も容易です。
施工箇所の状況に応じて「ひかる」との使い分けや併用が可能です。

 ▲ページTOPへ

げん光防止板

げん光防止板
  • 夜間は反対車線のライトを防ぎ、ドライバーの安全な走行をサポートします。
  • 波形状の防止板は光と影でストライプを創り、日中は景観を創り出します。
  • ベージュとグリーンの2色。様々な道路景観に対応します。

▲ページTOPへ

再帰反射塗装「ひかる塗装」

※ひかる塗装については《反射塗装(ひかるビーム)》をご高覧ください。

塩害防止塗装《長もちくん》 

重防食塗装仕様 海岸地域・積雪地域・その他塩害が予想される地域に適した塗装です。 

塩害防止塗装《長もちくん》
塩害防止塗装《長もちくん》2
海岸沿いの道路などでは塩害による影響をうけやすいため、汚れや錆などにより、せっかくの塗装が発揮されにくくなりがちです。
「長もちくん」は、海岸地域・積雪地域などの塩害が予想される地域に適した重防食塗装です。耐食性・耐候性に優れ、塗装が傷ついた時の補修も容易です。

   ▲ページTOPへ 

カタログのダウンロードはこちらより
thumb_guardfence

ガードフェンス カタログ

PDFダウンロード(25.0 MB)

この製品についてのご質問等お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら