神鋼建材工業株式会社

サイトマップ
ENGLISH
お問い合わせ
KOBELCO 神戸製鋼グループ

ガードフェンス:景観に配慮した防護柵

Gガードパイプ

Gガードパイプ
NETIS登録番号 KK-100063-A

国土交通省の策定した「景観に配慮した防護柵の整備ガイドライン(案)」(平成15年10月発表)に適合した製品です。
端部の出を無くし、反射材を取付けることによって、歩行者や車両の安全も配慮した形状にリニューアルしました。

特 長

Gガードパイプの改良点

  現行型 改良型 改良点



現行型支柱頭部 改良型支柱頭部
  • 支柱の突出を少なくしました。
  • 頭部を半球型から山型にしました。
現行型支柱頭部 改良型支柱頭部
  • ブラケットとパイプ支柱の間隔を無くしました。
  • キャップを後付にしました。
    (打ち込み機による頭部の損傷を無くすため)
  現行型 改良型 改良点




現行型接続ボルト 改良型接続ボルト
  • 皿ボルトによりボルトの突出を無くしました。
  • 六角ナットの先端に丸みを持たせました。
現行型接続ボルト 改良型接続ボルト
  • ボルト先端の突出を無くしました。
  • ボルト根付部を丸から角にして共回りを防止しました。
  現行型 改良型 改良点

現行型端部 改良型端部
  • 袖パイプの長さを短くしました。
現行型端部 改良型端部
  • 袖部に反射体を標準装備しました。
  現行型 改良型 改良点





現行型支柱用ボルト 改良型支柱用ボルト
  • 六角穴付ボタンボルトにより丸みを持たせました。
現行型支柱用ボルト 改良型支柱用ボルト
  • ボルト頭部の突出を少なくしました。
  現行型 改良型 改良点







現行行型中間部ブラケット 改良型中間部ブラケット
  • 支柱取付部を小さく絞り突出を少なくしました。
  • ボルト貫通部を絞り加工で皿ボルトが収まるようにしました。
現行行型中間部ブラケット 改良型中間部ブラケット
  • 支柱とブラケットのナット収まり部のナット共回りを防止しました。
  現行型 改良型 改良点






現行型継手ブラケット 改良型継手ブラケット
  • 支柱取付部を小さく絞り突出を少なくしました。
  • ボルト貫通部を絞り加工で皿ボルトが収まるようにしました。
現行型継手ブラケット 改良型継手ブラケット
  • 支柱とブラケットのナット収まり部のナット共回りを防止しました。

施工例

カタログのダウンロードはこちらより
thumb_guardfence

ガードフェンス カタログ

PDFダウンロード(25.0 MB)

この製品についてのご質問等お気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせはこちら