ガードフェンス景観に配慮した防護柵

ガードパイプGp-N

NETIS 登録番号 CB-100014-A

主な特長

景観に配慮した防護柵の整備ガイドライン(以下、景観ガイドライン)」対応型ガードパイプです。
「標準型ガードバイプ」の景観性を高めた改良型です。
「価格」は、標準型ガードバイプと同一価格です。

親和性

景観ガイドラインに記載されている、親和性に特に配慮した防護柵です。

ビーム上端からボルトの突起を完全に無くしました。(中間ボルトの頭も突出しません)
ボルトの頭の高さを低く抑えました。(従来の六角ボルトに対して頭の高さが半分)
端部の視認性が向上しました。(反射部材付きで夜間も視認性向上)

接続部 中間部 端部 ボルト
Gp-N
標準Gp

景観性

標準ガードバイプの透過性をそのままに、ビームの連続性を高め防護柵の景観性を向上しています。

ブラケットを片持ちとし、道路側からは見えなくしました。
接続部の2本の目地を1本とし、スッキリとした印象としました。
ボルトを目立たない位置に配置し、景観塗装品には、目立たない黒色を採用しました。
支柱キャップを改良し、頭部の突出を小さくしました。

頭部突出量、接合部目地 ブラケット形状、ボルト配置状況
Gp-N
標準Gp

施工面への対応

ボルトの片側留めの「締め付けにくさ」を、新しい技術を用いて解決しています。

 「ナットロケーター *」の採用により、片留め施工が容易となりました。
ナットは共回り防止機構となっており、支柱、ビーム共に片側からの施工が可能です。
支柱キャップは、打ち込み後に取り付けるため、キャップ補修等は不要です。

*「ナットロケーター」は特許出願中
*「ナットロケーター」は特許出願中

性 能

安全面の検証

車両用防護柵としての安全性能は、標準ガードパイプと同等です。

支柱、ビームは、標準ガードパイプと同じ「径」「板厚」「間隔」を採用しています。
インナースリーブの「長さ」も標準ガードパイプと同じです。
ブラケットの取付構造を改良したため、実車衝突実験で「飛散防止性能」の確認を実施しています。

Gp-N実車衝突実験の映像

仕 様

型式

C種 B種 A種
路側 土中 Gp-C-3EN Gp-B-3EN Gp-A-3EN
路側 構造物 Gp-C-2BN Gp-B-2BN Gp-A-2BN
歩車道境界 土中 Gp-Cp-2EN Gp-Bp-2EN Gp-Ap-2EN
歩車道境界 構造物 Gp-Cp-2BN Gp-Bp-2BN Gp-Ap-2BN

施工事例

ガードフェンス
景観に配慮した防護柵 車両用防護柵 開口部用防護柵 ツインガードフェンス 横断・転落防止柵 ぎぼくフェンス 眩光防止網 張出歩道 その他取扱商品
防災製品
落石防護工 落石予防工 地山補強土工法 受圧板 関連製品
防音製品
防音製品
高欄(橋梁関連製品)
景観に配慮した橋梁用防護柵 景観に配慮した手摺柵 標準製品 関連製品
海洋製品
魚礁・増殖礁 藻場礁 その他
タイロッド
タイロッド
スチールファイバー(コンクリート補強用繊維)
スチールファイバー
滑り止め鋼板
滑り止め鋼板

TOPへ